投稿日:2023年12月21日

金属加工で階段やバルコニーの手摺を作成する面白さ

こんにちは!拠点を神奈川県川崎市に置いて働く株式会社涼建です。
関東一円で溶接工事、金物工事、金属加工の業務を行っています。
今回は、金属加工で階段やバルコニーの手摺を作成する面白さについてお話ししたいと思います。

手摺をつくるために使う主な材料や道具

手摺
手摺をつくるためには、まず適切な材料を選ぶ必要があります。
手摺は人の体重や衝撃に耐えることができるだけでなく、錆びや腐食にも強いものが望ましいです。
そのため、一般的にはステンレス鋼やアルミニウムなどの金属がよく使われます。
手摺をつくるために使う道具は、金属を切ったり曲げたり溶接したりするためのものが主になります。
例えば、金属の板や棒を切るために使用する、金属ノコギリや金属バンドソーなどの切断機です。
金属を曲げるためには、パイプベンダーやプレスブレーキなどの曲げ機を使います。
金属を溶接するためには、アーク溶接機やガス溶接機などの溶接機を使います。
また、手摺の仕上げや取り付けには、ドリルやネジやボルトなどの工具や部品が必要です。

手摺の作成はココが面白い!

手摺の作成は、金属加工の中でも特に面白いと感じる部分がたくさんあります。
その一つは、手摺のデザインです。
手摺は、階段やバルコニーの安全性や機能性を高めるだけでなく、空間の雰囲気や印象を変えることもできます。
そのため、手摺のデザインは、お客様の好みや要望に合わせて、さまざまな形や色、素材を選択できます。
手摺のデザインは、金属加工の技術とセンスと創造力が試されるところでしょう。
もう一つは、手摺の取り付けです。
手摺の取り付けは、階段やバルコニーの形状や寸法に合わせて、手摺の位置や角度や高さを調整したり、手摺の固定や接合を行ったりする作業です。
金属加工の技術と精度と注意力が求められるところでもあるでしょう。

手摺をつくるためのコツは?

手摺をつくるためのコツは、材料やデザインや取り付けに関するいくつかのポイントがあります。
まず、材料は、手摺の用途や場所やデザインに合わせて、強度や耐久性や美観に優れたものを選ぶことが大切です。
次に、デザインは、お客様の好みや要望に応えるとともに、手摺の特徴や魅力を引き出すことができます。
形状や色や素材を工夫して、手摺の個性やオリジナリティを表現することが可能です。
最後に、取り付けは、手摺の安全性や機能性を確保することが最優先です。
位置や角度や高さを調整して、手摺の規格や基準に従って、正確に行うことが重要でしょう。

現在新たな金属加工のメンバーを求人中です!

求人
弊社では、金属加工で階段やバルコニーの手摺を作成する仕事をしています。
この仕事は、金属加工の技術とセンス、創造力が試されるとともに、仕事のやりがいを感じることが可能です。
弊社では、経験やスキルに応じて、適切な研修や指導を行います。
金属加工で階段やバルコニーの手摺を作成する仕事は、あなたの可能性を広げるチャンスです。
ぜひ求人応募フォームからご連絡ください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

溶接工事はお任せください 鉄を操る技術者集団
株式会社涼建
〒211-0012 神奈川県川崎市中原区中丸子337 山口マンション302
TEL:044-750-7057 FAX:044-750-7058


関連記事

あなたも熟練技術者集団の仲間入りをしませんか?

あなたも熟練技術者集団の仲間入りをしませ…

神奈川県川崎市の『株式会社涼建』では、鉄骨建方工事及びそれに伴う溶接工事に携わってくださる方を求人募 …

【求職者必見】入社前に知っておこう!鉄骨建方の手順

【求職者必見】入社前に知っておこう!鉄骨…

今回は、鉄骨建方の手順についてご紹介します。 鉄骨建方とは、建物の骨組みになる鉄骨を組み立てる作業の …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

涼建では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを心が …

お問い合わせ  採用情報