投稿日:2023年12月30日

金物工事でつくる下地とは

こんにちは!株式会社涼建です。
神奈川県川崎市に本拠地を構え、関東一円で溶接工事、金物工事、金属加工などの業務を行っています。
今回は、金物工事でつくる下地というものについて、詳しくご紹介したいと思います。
下地とは、天井や壁、床などの骨組みのことで、建物の強度や安全性、快適性に大きく関わる建物の要です。
金物工事でつくる下地は、どのような特徴やメリットがあるのでしょうか?
金物工事に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

天井、壁、床などの骨組をつくる下地とは

金物工事
下地とは、建物の内装や仕上げ材を支えるための骨組みのことです。
下地は、木材や金属、プラスチックなどの素材でつくられますが、金物工事でつくる下地は、金属製の下地材を使用します。
金属製の下地材には、鉄やステンレス、アルミなどの種類がありますが、一般的には、軽量で加工しやすい鉄製の下地材が用いられることが多いです。
金属製の下地材は、溶接やボルトなどで組み立てられ、天井や壁、床などの骨組をつくります。

下地の精度が建物の精度に直結!

下地の精度は、建物の精度に直結します。
下地の精度が低いと、内装や仕上げ材の取り付けが困難になったり、ひび割れや隙間などの不具合が発生したりします。
下地の精度を高めるためには、下地材の選定や加工、組み立てなどの工程において、正確な測定や検査が必要です。
金物工事でつくる下地は、金属製の下地材を使用するため、木材製の下地材に比べて、反りやねじれ、伸縮などの影響を受けにくく、高い精度を保つことができます。

下地づくりで気を付けること

下地づくりで気を付けることは、下地材の種類や特性に合わせた溶接や組み立ての方法を選ぶことです。
下地材の種類や特性によって、溶接や組み立ての方法や条件が異なります。
例えば、鉄製の下地材は、アーク溶接やガス溶接などの方法で溶接できますが、ステンレス製の下地材は、アーク溶接やTIG溶接などの方法が必要です。
また、下地材の厚さや形状によっても、溶接や組み立ての方法や条件が異なります。
下地づくりで気を付けることは、下地材の種類や特性に応じた溶接や組み立ての技術や知識を身につけることです。

今すぐ新しい金物工スタッフを募集中です!

ヘルメット
弊社では、今すぐ新しい金物工スタッフを求人募集中です。
金物工事に興味がある方、金物工事に挑戦したい方、金物工事に情熱がある方、ぜひ求人応募フォームからご応募ください。
弊社では、金物工事の仕事を通して、皆様が「この仕事に就いてよかった!」と思えるようサポートいたします。
一緒に金物工事の仕事を楽しみましょう!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

溶接工事はお任せください 鉄を操る技術者集団
株式会社涼建
〒211-0012 神奈川県川崎市中原区中丸子337 山口マンション302
TEL:044-750-7057 FAX:044-750-7058


関連記事

あなたも熟練技術者集団の仲間入りをしませんか?

あなたも熟練技術者集団の仲間入りをしませ…

神奈川県川崎市の『株式会社涼建』では、鉄骨建方工事及びそれに伴う溶接工事に携わってくださる方を求人募 …

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

涼建では、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけるサービスを心が …

【求職者必見】入社前に知っておこう!鉄骨建方の手順

【求職者必見】入社前に知っておこう!鉄骨…

今回は、鉄骨建方の手順についてご紹介します。 鉄骨建方とは、建物の骨組みになる鉄骨を組み立てる作業の …

お問い合わせ  採用情報